屋根をそり出すタイプにしたら車が停められなくなった。

注文住宅を新築しました。

最初は玄関前に屋根はない状態でしたが、一昨年の大雪の影響で玄関前の雪かきが大変ということで屋根をそりだすようなものをつけてはどうか?と義理の両親に提案され設置しました。

しかし、屋根を設置してみると大きくそりだすために基礎が必要となり値段も跳ね上がり、普通車ではミラーをたたまないと停められない状態になり、洗車が趣味な旦那が外に水栓を設置したのに洗車もままならない状態にもなってしまいました。

また、インナーガレージになっているため、私たちはあまり玄関も使用せずインナーガレージの方から出入りするため玄関前の屋根もそりだすタイプでなくても良かったのです。

そして屋根を付けたことにより外からの光が入らなくなったため、玄関に入ると中が暗くなってしまいました。

そのため全体的に玄関前に関しては失敗してしまったなと思います。

両親の話を鵜呑みにせずに、自分たちの導線や来客の有無、車、特にファミリーカーの大きさの車がきちんと停められるかどうか、停められてもドアが全開できるかどうかなど確認してから設置したり、玄関前にそりだす屋根ではなくても普通の屋根でカーポートを建てたりするだけでもよかったのではないかと思います。

もっと詳しく⇒新座市の注文住宅